FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って48年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそのことを感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › ヤプログの記事 › 4月25日(水)・拾得物の日
2018-04-25 (Wed)  06:23

4月25日(水)・拾得物の日

 おはようございます。











ご当地延岡の天気予報は晴れでしたが、夜明け時に  が顔を出したものの分厚い  に覆われています。



関東などでは激しい  だそうで、今日はすっきりしないお天気のようです。 







1980年のこの日、東京・銀座で大貫久男さんが現金1億 円を拾った。

落し主は現れず、1億円は全額大貫さんの手に渡った。



1980(昭和55)年4月25日、東京都中央区 銀座3丁目 の道路脇で当時トラック運転手をしていた大貫久男さんが、偶然にも 現金1億円が包まれた風呂敷包みを拾う 出来事がありました。



大貫さんは、これを拾得物として警察に届け出ましたが、1億円と言う大金であったために当時は大いに話題になってテレビなどでも大々的に報道されたもので、私もハッキリと憶えています。



半年が経って落とし主が現れなかったため、現金1億円は昭和55年11月9日に全額の所有権を大貫さんが取得しました。 



今日はそれに由来した 「拾得物の日」 記念日です。



1億円を手にした大貫さんは、その後多くの脅迫や嫌がらせを受けるなど、社会性の問題が危惧された面などもあったそうで、さて、あなたならどうしましたか



ちなみに、2017年(平成29)年の時点でもこの1億円の本来の持ち主は不明となっているそうで、はて誰のお金だったんでしょうかねぇ~。 







それではどちら様も、今日もぼちぼち張り切って明るく元気に笑顔で1日をお過ごし下さい。 



今日も一日ご安全に

最終更新日 : 2020-09-29

Comment







管理者にだけ表示を許可