FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って48年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそのことを感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › ヤプログの記事 › 5月2日(水)・八十八夜
2018-05-02 (Wed)  07:17

5月2日(水)・八十八夜

 おはようございます。











ご当地延岡は昨夕から  が降り始め、今の時間結構まとまって降っています。



今日は、一日をまったりぼちぼちと過ごすことに致します。 







さて今日は、立春からかぞえて八十八日目にあたる日、雑節の一つであるところの 「八十八夜」 です。



雑節とは二十四節気以外に、季節の変化の目安とする特定の日の総称で、八十八夜の他にも節分や入梅、半夏生、百十日、土用、彼岸などがありますが、 八十八夜 は春から夏に移る節目の日、夏への準備をする決まりの日、縁起のいい日とされ、八十八夜に摘んだ新茶は昔から不老不死の縁起物と言われています。



また、八十八夜の文字には末広がりの「八」が重なっていますので、縁起が良いのも何となく頷けそうですね。





八十八夜の別れ霜というように、この頃から霜もなく安定した気候になり、茶摘みや苗代の籾まき、蚕のはきたてなど一般に農作業の目安とされています。



しかし「八十八夜の忘れ霜」や「さつき寒」などとも言われるように、急に気温が下がって霜が降り、農作物や果樹に思いがけぬ被害を与えることを警戒した言葉もありますので、油断は出来ません。









八十h知屋の今日のお天気は、西から接近、通過する低気圧や前線の影響で今日から下り坂のようで、 九州や中国、四国の西のエリアは朝から雨の降る所が多くなり 、近畿地方などでも徐々に雨が降り出し、各地で強雨や落雷、強風の恐れあるそうです。



ところによってはゴールデンウィーク後半が メイストームの直撃 を受けるかもしれないそうで、注意が必要ですネ。





それではどちら様も、今日もぼちぼち張り切って明るく元気に笑顔で1日をお過ごし下さい。 



今日もご安全に

最終更新日 : 2020-09-29

Comment







管理者にだけ表示を許可