FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って48年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそのことを感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › ヤプログの記事 › 7月31日(火)・こだまの日
2018-07-31 (Tue)  06:38

7月31日(火)・こだまの日

 おはようございます。











ご当地延岡はきょうも  。 









これは九州の南の海上に居座る 迷走台風12号 の影響なのですが、お蔭で宮崎県は台風が過ぎた後も雨模様の愚図ついた天気が続いています。 



海上も大時化。



この天気は明日まで続くそうで、ったく困ったものです。 









さて、7月最後の今日31日は、1959(昭和34)年に特急こだまが狭軌鉄道での世界最高速記録163Km/hを樹立し、世界に「シンカンセン」の名を知らしめたことにちなみ 「こだまの日」 です。



しかし、これは新幹線実現のための実験であって、我が国の大動脈である東海道新幹線が実際に開通したのは、1964(昭和39)年の東京オリンピックが開催された年でした。



「こだま」と言う愛称は一般公募で決められましたが、票が一番多かったのは「はやぶさ」で、「こだま」はそれほど多くなかったそうです。



それでも最終選考で「こだま」が選ばれたのは、こだまは木霊つまり山彦のことであり、「1日で行って帰ってくることが出来る」という意味からだったそうです。



ちなみにこだまとは、東海道山陽新幹線の各駅停車タイプの列車の愛称ですね。





私が初めてこだまに乗車したのは22の頃の東京大阪往復で、読売テレビのイレブンPM出演のためでした。



それから48年、新幹線も大きく進歩したものです。 









それではどちら様も、今日もぼちぼち張り切って明るく元気に笑顔で1日を愉快にお過ごし下さい。 



今日も1日ご安全に

最終更新日 : 2020-09-29

Comment







管理者にだけ表示を許可