FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って48年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそのことを感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › ヤプログの記事 › GFG宮崎県支部春季懇親釣り大会
2019-03-03 (Sun)  15:32

GFG宮崎県支部春季懇親釣り大会

12時納竿、13時検量でしたが、15人が参加してチヌを釣った会員は5人、釣れたチヌはそれぞれ一匹ずつの五匹だけでした。 





私は土々呂湾の中でもチヌの確率が最も高い「コジマ」の地向きの釣り場から竿を出しましたが、ガガラ(カサゴ)が四匹とベラが一匹釣れたのみでチヌの顔を見ることなく竿をたたみました。 









左から第3位の萩原文雄会員、優勝の太田誠会員、準優勝の小野晋太郎会員。



萩原会員は「沖のテトラの北の階段」、優勝した大田会員の釣り場は分かりませんでしたが準優勝の小野会員は私の隣の「コジマの高場」、一投目で食い付いて来ました。 



皆さん、おめでとうございました。 









ちなみに、朝から降り続いた雨がチヌの活性を下げたであろう中での今年初のチヌ釣りでしたが、平成最後の懇親釣り大会も和気あいあいの内に無事に終了、雨と釣れないチヌに虐められた4時間でしたが会員のみんなと一緒に楽しませて頂きました。 

最終更新日 : 2020-09-29

Comment







管理者にだけ表示を許可