FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って48年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそのことを感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › ヤプログの記事 › 3月20日(水)・電卓の日
2019-03-20 (Wed)  07:58

3月20日(水)・電卓の日

 おはようございます。













今日までは良い天気のご当地延岡ですが、明日の 春分の日 は荒れ模様の天気になりそうな予報ですね。 



せっかくの春分の日なので天気が良ければいいのですが、皆様方の街は如何でしょうか







さて今日3月20日は、日本の電卓生産数が世界一になったことを記念して1974(昭和49)年に日本事務機械工業会(現 ビジネス機械・情報システム産業協会 )が制定した 「電卓の日」 記念日ですが、1973年にシャープが発売した世界初の液晶表示電卓「エルシーメイト」の量産化が大きく貢献しました。



電卓は、東京オリンピックの年に当たる1964年(昭和39年)3月18日にシャープが価格535千円、重さ25Kgのフルキー式電卓「CS-10A」を国産第1号として発売以来、「使い易さ、低消費電力化、低価格化」を実現する“軽薄短小化”へのたゆまぬ技術開発と品質確保、技術の応用などによって世界を席巻し、その後の液晶産業・半導体産業・太陽電池産業など、日本のエレクトロニクス産業が隆盛する基を築きました。



こうした経緯から“電卓の日”を3月18日とする案もありましたが、多くの記念日がある3月の中でも、市場の隆盛を象徴する春の到来を意味し、しかも覚えやすい日ということで”3月20日”に設定されたのだそうです。



電卓が発売された当時は高くて中々手が出ませんでしたが、今では千円も出せば高性能の電卓が手に入る時代、電卓の世界も変わったものですネ。







ってことでどちら様も、今日もぼちぼち張り切って明るく元気に笑顔で1日を楽しく過ごし、明日の春分の日をお迎え下さい。 



今日も一日ご安全に

最終更新日 : 2020-09-29

Comment







管理者にだけ表示を許可