FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って48年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそのことを感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › ヤプログの記事 › 4月24日(水)・植物学の日
2019-04-24 (Wed)  07:58

4月24日(水)・植物学の日

 おはようございます。













今日は朝から 



未明から降り出したこの  は1日振り続き、夕方頃から  になるとの予報です。



明日は回復するものの、ゴールデンウイーク前半の29日には再び崩れるらしく、“春に三日の晴れ間なし” にならなければ良いのですが。 









1862(文久2)年旧暦4月24日、植物分類学者の 牧野富太郎 が高知県佐川町の豪商の家に生まれました。



94歳でこの世を去るまでの生涯を植物研究に費やして、新種・変種約2500種を発見・命名し、「植物学の父」と呼ばれましたが、今日はそれにちなんだ 「植物学の日」 記念日です。



牧野富太郎は高知県佐川町に生まれ、最終学歴は、小学校中退でしたが、これは、実家が裕福な酒屋だったので学歴がなくても実家の家業を継げばいいと考えてのことだったそうです。



ちなみに牧野富太郎が命名した植物の 「ヤマトグサ」 は、日本人が国内で初めて学名をつけた植物ですし、 「スエコササ」 は、奥様が亡くなった年に、新種のササの名前に奥様の名前を入れたのでした。







ニッポン列島の今日はほぼ全国的に生憎のお天気のようですが、どちら様も今日は足下に気を付けながら、ぼちぼち張り切って明るく元気に笑顔で1日を楽しくお過ごし下さい。 



ご安全に

最終更新日 : 2020-09-29

Comment







管理者にだけ表示を許可