FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って48年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそのことを感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › ヤプログの記事 › ドーハの悲劇
2019-06-10 (Mon)  11:38

ドーハの悲劇

ギリシャからの帰国の途、乗り継ぎで立ち寄った ドーハ・ハマド国際空港 では2時間ちょっとの乗り継ぎ時間がありました。





そこでカミさん、ちょろっとお買い物。





チョコレートと









クッキーを買ってきました。









で、この支払が342QAR(カタール・リアル)だったらしく、日本円で約10,260円、たったこれだけで、この値段とは幾ら何でも高過ぎるでしょう。 









どんなチョコレートやクッキーなのかは知りませんが、10,260円とは法外な値段です。



その免税店に行ってチョコレートとクッキーの単価を調べていたところ、何も言わないのに店員が  の明細書を持ってきました。



チョコレートは量り売りで1㎏が550QRA=16,500円。

カミさんは350g買ったので、550QRA×0.35㎏=192.5QRA=5,775円



そしてクッキーは1袋が75QRA=2,250円ですよ。 

それを2袋買ったので、75QRA×2=150QRA=4,500円



合計が10,275円ですが、チョコレートの0.5QRA分を値引いて合計10,260円です。 





カミさんは自分の土産も買わずに息子や嫁、孫のお土産を少ない小遣いの中から工面して買っていたのに、最後の最後にボッタクリ同然の商売に不愉快な思いにさせられたのでした。 

 



最終更新日 : 2020-09-29

Comment







管理者にだけ表示を許可