価値ある1尾

磯に立って47年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそれに感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › 旧ヤプログの記事 › クア(健康)の道
2019-07-11 (Thu)  11:28

クア(健康)の道

私がいつも運動をやっている金堂ヶ池に、いつの頃からこんな看板が設置され、九州で二番目となる 「クアの道・金堂ヶ池コース」 なるものが誕生していました。



太陽生命クアオルト健康ウオーキングアワード2017 において優秀賞を受賞した宮崎県延岡市で、昨年11月11日にクアの道の道認定記念式典と記念ウオーキングが、クアオルト健康ウオーキングの実施コースとして認定となった「須美江コース」と「金堂ヶ池コース」の2コースの内、山、海、川のすべてがコースにある「須美江コース」で行われたそうです。











この「クアオルト」とは、ドイツ語で療養地を意味するそうで、金堂ヶ池コースはウオーキングコースとして「クアの道」に認定されたのだそうです。



私も何度かウオーキングをやってみましたが、コースは至る所で雑草に覆われ、











心拍数を計測するベンチには倒木が覆い被さり、悲しいかな「クアの道」と呼ぶには甚だ恥ずかしいのが現状のようです。 



このクアの道、管理次第ではこの夏を過ぎる頃には看板だけしか残ってない状況になってるかもしれませんが、そうならない事を切に願うばかりです。こ



最終更新日 : 2019-08-14

Comment







管理者にだけ表示を許可