価値ある1尾

磯に立って47年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそれに感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › 旧ヤプログの記事 › 7月15日(月)・海の日
2019-07-15 (Mon)  08:34

7月15日(月)・海の日

 おはようございます。













今日の宮崎県北部平野部の天気は、曇りで所により昼過ぎから夜のはじめ頃に雨、西の風で日中は東の風、波は1メートルの予報です。



しかし、薄日が差しており晴れて来そうな天気です。



先週末に予定していた釣りが諸事情により行けなかったので、本日行こうと思ったのですが、島野浦の渡船は昨日午後の時点で早々と船止めを決定しましたので断念しました。



ならば北浦にと思ったのですが、今一気が乗らずこれも断念しました。



どうも年寄りになると、釣り行こうとする意欲が薄れてくるようで困ったもんです。 







1996(平成8)年からそれまでの「海の記念日」が、「海の恩恵に感謝するとともに海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨とする国民の祝日 「海の日」 になりました。



1996年から2002(平成14)年までは7月20日でしたが、国民の祝日に関する法律(祝日法)の改正により、2003(平成15)年から7月の第3月曜日が 「海の日」 となったものです。



ちなみに、「海の日」のもとになった「海の記念日」は、1876(明治9)年の明治天皇の東北巡幸の際、灯台巡視の汽船「明治丸」によって航海され、7月20日に横浜港に帰着されたことから、昭和16年に「海の記念日」と制定されたのだそうです。





海を愛する者にとっては一番の祝日である今日の 「海の日」 、わたくし目は海にも行かず1日をまったりと過ごす予定であります。 











それではどちら様も、海の日の今日も楽しくお過ごし下さい。 



この一週間、どちら様もどうぞご安全に

最終更新日 : 2019-08-14

Comment







管理者にだけ表示を許可