価値ある1尾

磯に立って47年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそれに感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › 旧ヤプログの記事 › 7月26日(金)・夏オナガ狙い
2019-07-26 (Fri)  06:36

7月26日(金)・夏オナガ狙い

 おはようございます。









画像遠景は大分県佐伯市の深島、手前の磯は名礁「シイバエ」。



ご覧のように波はほとんどありませんが、島野浦の渡船は昨日の夕方になって台風ってことで急遽船止めになりました。 



安全優先は理解出来ますが、こんな波で船止めにしていたのでは出港する日などありませんよね。 



どうして船止めになったのか、真意を知りたいもんです。 









 

北浦の「中ノハエの先端(東の鼻)」に平野さんと萩原君の3人で瀬上がりしました。 











「船付け」には松本、高山、中司君たち3人が瀬上がりをしてオナガを狙います。











今日は会員の寺田君から頂いた宮崎県産のバナナパワーに夢を託します。









既に暑さで汗ダラダラですが、ぼちぼち張り切って仕掛けを振り込んでみます。

最終更新日 : 2019-08-14

Comment







管理者にだけ表示を許可