価値ある1尾

磯に立って48年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそのことを感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › 旧ヤプログの記事 › 中ノハエ先端の夏オナガ釣り~1
2019-07-26 (Fri)  08:43

中ノハエ先端の夏オナガ釣り~1

一投目にいきなりのアタリに襲われましたが、足下のハエ根に突っ込まれて敢え無く瀬切れ、その後足の裏サイズの小ナガを1匹と40オーバーのイズスミを1匹、竿出しから2時間が経ってキープ0です。





平野、萩原両氏は足の裏の小ナガをそれぞれ1匹ずつキープしてます。



最終更新日 : 2020-01-15

Comment







管理者にだけ表示を許可