価値ある1尾

磯に立って47年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそれに感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › 釣りの話題 › 深島のクロ釣り・シビウド&中のハエ
2019-10-10 (Thu)  15:56

深島のクロ釣り・シビウド&中のハエ

深島本島東側の「シビウド」から見る日の出。

遠景は右から「沖の地蔵」、「松バエ」、「丘の地蔵」など。

釣り人が一人立っているところは「シビウドの奥」です。

010.jpg



北風の強い日でしたが、良い釣り日和に恵まれました。




FB友達のこの方とシビウドで合流して一緒に竿を出しました。

012.jpg



私はこの高場から竿を出し、2号と1.7号のハリスを飛ばされ、キープ出来たのはイサキ1匹でした。

006.jpg



パン粉のとし坊こと佐藤さん と、佐藤さん達グループ乱舞連合に所属してる 宮崎の植野さん は船着けから竿を出し、伝家の宝刀のパン粉釣法で、ぼちぼちオナガを釣っていました。

ちなみに前夜の9時から瀬上がりして夜釣りでオナガを狙ったそうですが、オナガは不発でゴマサバと良型のイサキをクーラーにキープしていました。

右奥にちらっと見えているのは「アシナか」。

004.jpg



「中のハエ」でナイターをやっていた釣り人が帰ったので、10時に3人で瀬変わりしました。

オナガの1級釣り場なので、これからが勝負です。

018.jpg



向こうに見える磯は「ウスバエ」、オナガや口太、イサキ、青物の魚影が濃い釣り場です。

植野さんはカニを捕まえて、ルアーロッドで石鯛を狙っています。

016.jpg



こちらは「中のハエのチョンボリ」から竿を出していた佐藤さんのお友達の乱舞連合のお二人。

やはり昨夜の9時から瀬上がりして頑張っていました。

024.jpg



しばし、元祖パン粉釣法を後ろから見学。

014.jpg



恐るべし、パン粉釣法。

皆さん4人とも、ほぼ同じ仕掛けのパン粉釣法でしたが、とにかく食わせます。

022.jpg



とし坊さんもデカバンをヒットさせますが、男仕掛けをいとも簡単にぶち切っていきます。

020.jpg



私もバラシの連続で身も心もズタズタ、昼飯を食って気を静めました。

032.jpg



昼飯は深島食堂の磯弁。

003.jpg



三幸丸さんに注文したら深島で作った出来立てほやほやんの弁当を釣り場まで配達してくれますので、寒い冬場にはありがたい弁当ですネ。

030.jpg



昼飯を食ったら仕切り直し、気合を入れて挑みましたが相変わらず取れません。

50センチ未満のお手頃なサイズが食ってくれれば良いのですが、如何せんデカ過ぎます。

かと言ってオキアミの餌ではハリスを太くしたら口を使ってくれません。





結局この日は、3人ともバラシの連続で終わったのでありました。

034.jpg



この日お世話になった蒲江猪串浦の 三幸丸 

ありがとうございました。





深島本島側から見た「中のハエ」。

左が「中のハエ」で右が「中のハエのチョンボリ」。

044.jpg



同じく沖側から見た「中のハエ」。

釣り人が立ってるのが「チョンボリ」です。
038.jpg



「ウスバエ」。

042.jpg



この一帯ではピカ一の「ツバクロ」。

人気磯なので冬場瀬上がりするのは困難な釣り場です。

さぁ~、秋磯から寒グロへとシーズン全開寸前です。

今年も深島は熱くなりそうですね。 

040.jpg

最終更新日 : 2019-10-10

Comment







管理者にだけ表示を許可