価値ある1尾

磯に立って47年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそれに感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › 釣りの話題 › 11月10日(日)・GFG九州地区本部秋季懇親釣り大会
2019-11-10 (Sun)  07:40

11月10日(日)・GFG九州地区本部秋季懇親釣り大会

おはようございます。





番匠川で午前2時に受付を済ませ、3時前には鶴見大島に向かって進栄丸で出港しました。

途中、「白崎3番」に萩原君が降り、湾内の大島の「赤鼻」に寺田君が降り、私はその先の田の浦港の手前の「小島」に降りました。

今日もバナナパワーに見放されたようで、踏んだり蹴ったりの釣りをやってます。


一発目は4時半頃に襲って来ましたが、足元まで寄せて来たところで、目の前の沈み根突っ込まれて2.5号ハリスを飛ばされ、イサキを釣った後に再びクロを掛けましたが、今度はやり取り中に電気ウキの灯りが突然消えた為に巻き過ぎて穂先をポッキンコ、挙げ句にこれもバラシ。

その後40アップと38センチのクロをキープし、明るくなって食わせたクロからは道糸から高切れして電気ウキごと持って行かれました。

泣くにも泣けない釣りをやってます。






それではどちら様も、日曜日の今日もぼちぼち張り切って明るく元気に笑顔で1日をお過ごし下さい。 

今日も1日ご安全に 

最終更新日 : 2019-11-27

Comment







管理者にだけ表示を許可