価値ある1尾

磯に立って47年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそれに感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › 釣りの話題 › ロッドの修理
2019-11-24 (Sun)  10:36

ロッドの修理

先日の鶴見の夜釣りで、魚とのやり取り中に突然の電気ウキのトラブルにより穂先をへし折った がま磯マスターモデル口太Tー53 

保険で補填するとは申せ税抜きで13,350円は高い修理費です。 


ちなみに、明るくなるまでは1-1Gガイドのすぐ上で穂先をカットして、  のようにトップガイド無しの竿で43㌢と38センチのクロを釣りました。

P1080651.jpg

最終更新日 : 2019-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可