価値ある1尾

磯に立って48年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそのことを感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › 釣りの話題 › TORAY 2020カタログ
2020-02-07 (Fri)  15:38

TORAY 2020カタログ


私より六つ年上の 東レ 

私の釣りの原点である小学生時代のフナ釣りを支えてくれたのは ❝ 銀鱗 ❞ でしたが、その銀鱗は 東洋レーヨン(現東レ)から国産初のナイロンラインとして1947年に発売されたあものでした



以前はフィッシングウェアやライフジャケット、バッカンなど人気の製品があったのですが、現在の東レモノフィラメントになってからは、残念ながらライン一筋になってしまいました。

その分と言っては何ですが、「強さ」だけではなく、「柔軟性」「糸グセ」「感度」「耐摩耗性」などをバランス良く設計した本物のフィッシングラインを追及しています。



最終更新日 : 2020-02-07

Comment







管理者にだけ表示を許可