価値ある1尾

磯に立って47年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそれに感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › その他諸々の話題 › 2月29日(土)・うるる日
2020-02-29 (Sat)  05:09

2月29日(土)・うるる日

 おはようございます。





午前4時半に目が覚めると、雨音が。

朝から冷たい雨が降っています。

予報では明日も似たような不安定な天気、不要不急の外出を控えるには相応しい土日になったご当地延岡のお天気です。 




さて、今日2月29日は4年に一度しかない日「閏日(うるる日)」です。


4年に1度(ただし400年に97日)の閏年(うる年)には、2月28日の翌日に閏日として29日が入りますが、これは、1年の日数が365日ではなく正確には365日と6時間、日に表すと365.2422日なので、そのずれを調整する為にあるのです。


なお、2月24日と25日の間に閏日「2月24日」を置き、以降の日を1日づつずらすとしている国もありますが、これは、紀元前713年にローマ暦に閏日が導入された時以来の伝統で、日本の暦には採用されませんでした。


英語では閏日のことをleap day(跳躍の日)と言いますが、これは、普段の年はその前年の同じ日より1つだけ曜日がずれるが、閏年の翌年は2つずれる、つまり、曜日を1つ飛び越える(leap)からです。


かつてイギリスでは、4年間の内でこの日だけ女性から男性へのプロポーズが伝統的に公認され、男性はそれを断わることは出来ない日とされていたそうで、日本にもそんな風習が現在もあったならどんなだったでしょうね。



ここで小さな疑問です。

当然、閏年の今日が誕生日の人も居ますよねぇ~、そんな閏年の日に生まれた人の誕生日ってどうなるのでしょうか 

日本では「年齢計算ニ関スル法律」という法律があって、2月29日に生まれた人は2月28日の午後12時に加齢すると決められており、そのため、閏年の閏日に生まれた人は、閏年ではない平年の場合、3月1日の人と同じ誕生日とされているのだそうです。

つまり、今日生まれた人の誕生日のお祝いは明日ってことですね。



日本は今、大変な困難に直面したまま今日で2月も終わりです。

下手な能書きなど一切要らないのです。

みんなで力を合わせて、ウイルスの蔓延を防ぎ、明るく希望に満ちた3月にして行こうではありませんか。 



それではどちら様も、今日も手洗いとうがいを励行しながらぼちぼち張り切って、土曜の一日を明るく元気に笑顔で楽しくお過ごし下さい。 


今日も1日ご安全に 


最終更新日 : 2020-02-29

Comment







管理者にだけ表示を許可