価値ある1尾

磯に立って48年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそのことを感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › その他諸々の話題 › 3月14日(土)・ホワイトデー
2020-03-14 (Sat)  05:53

3月14日(土)・ホワイトデー

おはようございます。







九州の東海上にある低気圧にも拘らず、週間天気予報が見事に外れまして雨が降らない土曜日になりましたが、夜明け時は曇り空です。

勿論、明日の日曜日も降りそうにない我が街延岡市です。

しかしこの南岸低気圧の影響で沿岸部の波は1.5mとちょっと高いようですので、磯に立つ釣り人の皆さんはくれぐれもご用心を。




今日3月14日は、2月14日のバレンタインデーにチョコレートを贈られた男性が、返礼のプレゼントをする日、「ホワイトデー」で、バレンタインデーのチョコレートに対しキャンデーやマシュマロをお返しするのが一般的になっています。


日本でバレンタインデーが定着するにしたがって、若い世代の間でそれにお返しをしようという風潮が生まれましたが、これを受けたお菓子業界では昭和50年代に入ってから個々に独自の日を定めて、マシュマロやクッキー、キャンデー等を「お返しの贈り物」として宣伝販売するようになりました。


この動きをキャンデーの販売促進に結びつけ、全国飴菓子工業協同組合(全飴協)関東地区部会が「ホワイトデー」として催事化したのが「ホワイトデー」の由来です。

そして1978(昭和53)年、全飴協の総会で「キャンデーを贈る日」として制定され、2年の準備期間を経て1980(昭和55)年に第1回のホワイトデーが開催されたのでした。


ホワイトデーを3月14日に定めたのは、269年2月14日、兵士の自由結婚禁止政策にそむいて結婚しようとした男女を救う為、バレンタイン司教が殉教し、その一箇月後の3月14日に、その2人は改めて二人の永遠の愛を誓い合ったと言われていることに由来するそうです。



ってことで心当たりのある男性諸氏は、今日の大事な日をお忘れなく。 





それではどちら様も、今日も新型コロナウイルスに注意しながらぼちぼち張り切って明るく元気に笑顔で、土曜の1日を何事も無く楽しく過ごしましょう。 


今日も一日ご安全に 





最終更新日 : 2020-03-14

Comment







管理者にだけ表示を許可