価値ある1尾

磯に立って48年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそのことを感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › 釣りの話題 › 茹でダコ
2020-08-09 (Sun)  14:42

茹でダコ

生まれて初めて釣ったタコ。


蒲江の波当津から土々呂は赤水の波止め、土々呂漁港、延岡新港の北と南の岸壁、浦城フェリー乗り場、浦城港出口の赤灯台と探り歩き、タコジグからタコテンヤ、タコエギとリグを変え、結局釣ったのは浦城の赤灯台でタコエギでしたが、72を前にした嬉しい価値ある1杯になりました。 

20200809115153.png



帰ったら内臓を出して塩で揉んで丁寧にヌメリを取り除き、沸騰したお湯にそっと足から入れて、

20200809115018_20200809115024_1.png



頭まで湯に浸して全体を5~6分ほど茹でてみましたが、これで大丈夫でしょうかね 

20200809115018_20200809115024.png


さぁ~、これをどうやって食べるかですが、とりあえず今晩のだれやみで冷酒を飲みながら刺身で食べてみます。 

私は12日が毎年恒例の内視鏡による大腸検査なので、明日からは消化の悪い食べ物は控えなければなりませんので、今回食べるのはこれで終わりかもしれません。

20200809115019.png



最終更新日 : 2020-08-09

Comment







管理者にだけ表示を許可