FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って48年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそのことを感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › その他諸々の話題 › 2月18日(木曜日)・門川の沖から
2021-02-18 (Thu)  08:46

2月18日(木曜日)・門川の沖から

 おはようございます。




天気は晴れていますが、相変わらず北西の強い風が吹いて寒い門川町の沖磯、枇榔島の「タツガハナ」です。


さて今日は、空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味で二十四節気の一つである 「雨水」です。

昔から、立春から2週間が過ぎた雨水は農耕を始める時期の目安とされ、陽気も暖かくなって春を感じる頃とされ、暦の上では確実に春に向かっていますが、昨日今日のこの寒さはまだまだ春遠しのようですね。





ってことで今日は門川の 枇榔島 でクロ釣り、2021年門川での初釣りです。

先ずはお神酒をお供えして今年一年の安全釣行と僅かばかりの釣果を祈念しました。

第一投は午前7時20分に振り込みました。

ぼちぼち張り切って、今日の目標である価値ある一尾を目指します。 





それではどちら様も、今日もぼちぼち張り切って明るく笑顔で元気に何事も無く一日を楽しくお過ごし下さい。 


今日も1日ご安全に 




最終更新日 : 2021-02-19

Comment







管理者にだけ表示を許可