FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って48年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きましたが、今はそのことを感謝しながら生きる毎日です。 そんな中で生まれたのが私のテーマとなった『価値ある1尾』でした。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴ったブログです。

Top Page › その他諸々の話題 › しんとたかちほおおはし
2021-06-11 (Fri)  16:43

しんとたかちほおおはし

橋長 300.0メートル、五ヶ瀬川の水面からの高さ約115メートルの 神都高千穂大橋 。




竣工したのは平成15(2003)年2月、今から18年前です。




この橋の照明ポールは数年前に法人を解散した(有)橋本電設が延岡から1時間半以上かけて通い施工したのですが、昼飯を食いに「道の駅高千穂」に立ち寄ったついでに橋を渡ってみました。




神都高千穂大橋から見下ろした高千穂大橋。

昔は旧国道218号線に架かったこの高千穂大橋が観光の目玉だったのです。

そしてこの橋の下流に貸しボートで人気の高千穂峡があり、橋を左に渡った坂道の左側にパワースポットで有名な 高千穂神社 があります。




真冬の寒い時期に指先が悴みながら工事したのを憶えていますが、




今日は、18年前の懐かしい想い出でを味わってきましたです。 




最終更新日 : 2021-06-12

Comment







管理者にだけ表示を許可