FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って49年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きました。 釣りに夢中になっていた頃に生まれのが私の生涯のテーマとなった『価値ある1尾』です。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴っているブログです。

Top Page › 釣りの話題 › 離島・島野浦で海釣り入門
2021-12-19 (Sun)  07:43

離島・島野浦で海釣り入門

昨日の釣りガイドは、延岡観光協会主催の  の「近くて安心!感動体験バスツアー」にノベ☆スタから私たち3人で島野浦の白灯台に海上タクシーで渡りで、林様、大竹様ご家族の 島野浦で海釣り入門 のガイドをさせて頂きました。

sss.jpg


前日の雨が上がり後の強風を心配していましたが、思ったほどでもありませんでした。

それでも安全を期して10時半頃から島野浦本島を向いた湾内で海釣り入門のスタートです。

真っ先にヒットさせたのは小学生の愛莉ちゃんでした。

小さいけれども嬉しい一尾です。



これを機に皆さん張り切ってクロに挑みます。



10時37分、同じく小学生の桜大くんにもヒット。



エサ釣りで初めて釣った嬉しいクロでした。



観光協会の荒木さんにも可愛らしいクロが。




11時頃にはすっかり暖かくなり、皆さん飲み込みが早いのでぽつぽつと釣るようになって来ました。



クロも時折り良いサイズが釣れるようになり、あちこちから歓声が上がり、桜大くんの顔からも笑みがこぼれます。



お昼のお弁当を食べたら、愛莉ちゃんも大きなクロを釣ってお母さんと一緒にガッツポーズ。



1時頃にはすっかり風も弱まり、地向きの本命ポイントでは良型のクロが次々に竿を曲げ、皆さん嬉しい悲鳴。




後ろから皆さんを見守って、時折アドバイスを与えるノベ☆スタの山本ガイド。



本日最大サイズを釣った桜大くんのお父さん、28㌢前後の口太でした。 



愛莉ちゃんのお母さんも大きなクロを釣って大喜びでした。




最後に愛莉ちゃん納得の大物釣ったところで納竿。

皆さんお疲れ様でした。



左から観光協会の荒木さん、桜大くん親子、愛莉ちゃん母娘。

笑顔でバスに乗り込んで帰って行かれ、私たち3人のガイドも癒された一日でした。

ありがとうございました。 



最終更新日 : 2021-12-19

Comment







管理者にだけ表示を許可