FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って49年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きました。 釣りに夢中になっていた頃に生まれのが私の生涯のテーマとなった『価値ある1尾』です。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴っているブログです。

Top Page › 釣りの話題 › 島野浦の口太を捌きました
2022-02-17 (Thu)  12:23

島野浦の口太を捌きました

歯医者から帰ったら、昨日釣った42㌢と38㌢の口太を外の流しで捌きましたが、外気温4℃の中では寒さと水道水の冷たさで指先が悴んでしまい流石に辛かったです。

産卵初期の今の時期はまだ白子だろうと思っていましたが、腹パンパンの眞子でした。 

ちなみに、38㌢の口太も眞子でした。

一般的に産卵初期は圧倒的に白子の方が多いのですが、クロの産卵にも何か異変が生じてるんでしょうかね 



胃袋の中には沢山のオキアミが。



最終更新日 : 2022-02-17

Comment







管理者にだけ表示を許可