FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って49年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きました。 釣りに夢中になっていた頃に生まれのが私の生涯のテーマとなった『価値ある1尾』です。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴っているブログです。

Top Page › 仕事の話題 › 自宅照明器具のリニューアル
2022-05-12 (Thu)  18:32

自宅照明器具のリニューアル

居間と、




台所の埋め込み照明器具が古い上に暗かったので、LEDの露出タイプのシーリングライトに取り換えるべく、5月9日の月曜日と翌日火曜日の二日間で工事を行いました。

 は居間で、サークライン蛍光灯のFCL40W+32W。
 は台所でFL20W×4灯の蛍光灯をLED電源直結給電タイプに改造したLED20w×4灯。

この歳になって自宅で焼き肉などすることも皆無になりましたので、天井埋め込み型換気扇も撤去です。

流しの上の照明器具も電源直結タイプに改造したLED40W×1灯。



撤去後の様子。




器具を撤去したら、大工さんが下地を組んでプラスターボードを貼り穴を塞ぎます。



大工工事は月曜日の午前中に終わり、翌火曜日は朝からクロス工事。

先ず既存のクロスを全部剥がしてパテをあて、下地調整をします。



この日は天気が悪くてパテの乾きが悪かったのでドライヤーで乾燥させました。



流しの上の照明器具も取り替えましたが、撤去した後に握り拳台の穴があったために下地補修用のパテで上手に補修して頂きました。 



パテが乾いたらクロス施工。




クロスの糊が乾いた頃の夕方、いよいよ電気工事士の出番、新しい照明器具の取り付けです。

6畳の居間には~10畳タイプのシーリングライト LGC31155



10畳のダイニングには~12畳用の LGC51155



そして2畳のキッチンにはLEDベースライト LGB52120LE1 を取り付けて照明器具のリニューアルが終わりました。

この結果、明る過ぎるほどの照度になり、多分私が生きている内の最後のリニューアル工事になったのではないでしょうか。



最終更新日 : 2022-05-12

Comment







管理者にだけ表示を許可