FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って51年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きました。 釣りに夢中になっていた頃に生まれのが私の生涯のテーマとなった『価値ある1尾』です。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記と身体のリハビリや孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴っているブログです。

Top Page › その他諸々の話題 › 4団体世界Sバンタム級王座統一戦
2023-12-27 (Wed)  11:36

4団体世界Sバンタム級王座統一戦

昨夜東京の有明アリーナで行われた世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)4団体王座統一戦12回戦はWBC・WBO王者の井上尚弥(大橋)選手がWBA・IBF王者のマーロン・タパレス(フィリピン)選手を10回1分2秒に強烈な右ストレートをこめかみにヒットさせてKOで倒し、昨年のバンタム級に続き、主要4団体王座統一の快挙を達成しました。

2階級での4冠獲得はテレンス・クロフォード(米国)に続き史上2人目で2年連続での4団体統一は世界初だそうですが、いやぁ~対戦相手のたマーロン・タパレスのパンチも強くてヒヤッとする場面もありましたが、とにかく強かったです。

マーロン・タパレス選手も健闘しました。

第4ラウンドこの直ぐ後に、

最初のダウンを喫したマーロン・タパレス

チャンスとばかりに攻め込む井上。

しかしマーロン・タパレスは強烈な右フックを顔面に食らっても倒れませんでした。

その後も井上が優位に試合を進め、

午後8時46分、井上の強烈な右ストレートがマーロン・タパレスの左こめかみを打ち抜いて
00051227071629_20231227071636.png

二度目のダウン、ついに立ち上がることが出来なかったのでした。

井上選手、2階級4団体統一王者、おめでとうございます。


最終更新日 : 2023-12-27

Comment







管理者にだけ表示を許可