FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って51年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きました。 釣りに夢中になっていた頃に生まれのが私の生涯のテーマとなった『価値ある1尾』です。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記と身体のリハビリや孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴っているブログです。

Top Page › 釣りの話題 › 12月31日・大晦日
2023-12-31 (Sun)  07:36

12月31日・大晦日

 おはようございます。


遂に2023年も最後の一日なりましたが、昨日はこんな潮汐の下で納竿の義を滞りなく行うことが出来ました。

新潟から帰省中のキッシー(岸本君)、延岡磯研の雄二君(甲斐君)、古い釣友のナベちゃん(渡辺君)と一緒に4人で納竿の義を執り行うステージには釣れても釣れなくても沖磯のオナガポイントでってことで「マルバエ」を選定したのでした。

昨日は私たちグループが真っ先に瀬上がりさせて頂きましたことに感謝し、お詫び申し上げます。
誠に申し訳ございませんでした。


9時半、弁当が届きました。


「ヘソ天」、異常無しの状況が長くなるとこうなってしまいます。

「マルバエ東」では釣研FG延岡支部の松浦、矢野、黒木会員が3人仲良く竿納め。

遠くは新潟から毎年帰省して島野浦で三日間だけクロ釣りを楽しむキッシー君。
今回の帰省中三日目となる昨日の竿出しでようやく強烈な引きに襲われたのでしたが............... 。

日本各地の海とクロ及び一年間何事も無く安全に釣行出来たことに感謝してお神酒を注ぎ、午前7時40分に第一投を振り込みました。

納竿の日にまあまあ納得の出来るクロを釣ったのは何年振りになるのか全く覚えが無いほど久し振りの価値ある一尾は37.5㌢のオナガ、この日「マルバエ」で釣れた唯一のクロはまさに「価値ある一尾」になってしまったのでした。






どちら様も、一年間本当にありがとうございました。
2024年もどうぞ宜しくお願い致します。

どうぞ良いお年をお迎えください。👍



最終更新日 : 2023-12-31

Comment







管理者にだけ表示を許可