FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って51年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きました。 釣りに夢中になっていた頃に生まれのが私の生涯のテーマとなった『価値ある1尾』です。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記と身体のリハビリや孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴っているブログです。

Top Page › 釣りの話題 › 男女群島釣行記・2024その1
2024-04-22 (Mon)  13:58

男女群島釣行記・2024その1



軽四の箱バン2台で我が家を出発したのは4月10日(水)の午前4時28分でした。


今回は無料区間である九州中央自動車道の開通したばかりの山都通潤橋ICから高速に乗って嘉島JCTを経由して6時13分に九州自動車道に乗り、

鳥栖JCから長崎自動車道に入って7時半頃に金立SAで朝飯を食い、

午前9時36分には田平のあじか磯釣センタ-のブラック軍団係留港に到着、約5時間のドライブでした。

11時頃からぼちぼち釣り具類やエサなどの積み込みが始まり、

28人だったかな、釣り人の夢を乗せた前田船長繰るブラックエラクレスは11時41分には田平港の岸壁を力強いエンジン音と共に滑り出したのでした。


比較的凪の五島灘を順調に航行したブラックヘラクレスは約3時間10分後の14時50分過ぎには男女群島男島近辺に着いたのでした。
遠景は「北村瀬」

この日の潮は10日が大潮で、

11日と、

12日は中潮でした。

3人一緒に上がった瀬は女島の西磯である「ガメ瀬」で、此処は平成14年の5月に一度だけ底物狙いで竿を出したことのある釣り場でした。

 はその時に釣ったイシガキダイの魚拓です。
平成14年5月6日とあることから2002年の5月ですので、今から22年前の事でした。


ちなみに「ガメ瀬」の紹介と3人の竿出し前の意気込みの動画です。


トップを切って竿を曲げたのは桑原さん、良型のイシダイをゲットしてサイコーの笑顔で写真に収まりました。  

18時20分過ぎ、私のファーストヒットは手頃なオナガ、

48㎝でした。

18時44分、

東シナ海に陽が沈み、さぁ~
いよいよ夜のロクマル超えを狙う絶好の夕マズメに突入です。


最終更新日 : 2024-04-22

Comment







管理者にだけ表示を許可