FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って51年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きました。 釣りに夢中になっていた頃に生まれのが私の生涯のテーマとなった『価値ある1尾』です。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記と身体のリハビリや孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴っているブログです。

Top Page › ヤプログの記事 › 2011年男女群島釣行その4~お仕舞い
2011-03-10 (Thu)  12:52

2011年男女群島釣行その4~お仕舞い

ハナグリ島の「ヤスナガ」で男女群島釣行最終日の2月27日の朝を迎えました。



此処では残念ながら60アップのオナガは不発でしたが、昨年同様、50前後のオナガと口太の数釣りを堪能することが出来ました。

そして平野さんは此処「ヤスナガ」でも、最初はデカバンのオナガかと思わせるでっかいメダイを夜明け後に取り込んだのであります。



私もあの強烈な引きを一度は味わってみたかったのですが、私にはメダイのアタリゼロ。 

これに対して平野さんは、合計7本のメダイを取り込み、流石は「メダイの啓ちゃん」のニックネームを強くアピール、私は泣き泣き脱帽したのでありました。


「ヤスナガ」から見た中ノ瀬戸に浮かぶ1級磯群。     

              ※ 画面の上にポイントを置きクリックすると画像が大きくなります。


前夜から噴き出した南東からの風は夜明けと共に益々強くなり、「帆立岩」はご覧の通り飛沫で真っ白です。


「ヤスナガ」で平野さんとのツーショット。

昨年の男女群島釣行 の時と全く同じです。



こんな狭い所の斜めに傾いた岩の上で寝るのは大変でした。
{
「ヤスナガの奥」の釣り人を回収中の日本最速の男女群島瀬渡船BLACK HERAKLES



コマツV12、1280馬力×2基掛けエンジンの圧倒的パワーは他の追随を許さず、少々時化た海であろうと、田平~男女群島を安全安心に3時間で走るのは、船に弱い私にとって心強い限りなんであります。



レーダーや自動操舵は勿論、衛星船舶電話などの最新鋭機器を搭載し、前田廣之船長の卓越した操船技術は釣り人をより安全に、そして釣れる磯に瀬上がりさせてくれますので、信頼して男女群島や五島列島のクロに挑むことが出来るのであります。



また、水洗トイレは勿論、冷暖房完備、真水の洗面所もありますので、オールシーズン快適な釣りを楽しむことが出来るのも強みです。



前田船長、今回も色々と気を遣って頂きありがとうございました。


イーグロー94ℓの中の「ヤスナガ」のオナガ。


で、今回の釣果は実寸60センチのオナガを含む35匹。

サイズに不満の残った今回の男女釣行でしたが、腰が砕けない限りは男女群島にトライを続け、再びナナマルの夢を見ようと思っています。



ありがとうございました。



最終更新日 : 2023-03-28

Comment







管理者にだけ表示を許可