FC2ブログ

価値ある1尾

磯に立って49年。 これまでに幾度となく後悔や挫折、屈辱を味わい、喜びや悲しみ、感動など様々な経験をさせて頂きました。 釣りに夢中になっていた頃に生まれのが私の生涯のテーマとなった『価値ある1尾』です。しかし、古希を過ぎてからは釣りの話題もめっきり減ってしまい、テーマとは程遠い話題がほとんどになってしまいました。 老いぼれ釣り師の少しばかりの釣行記とリハビリ運動や孫の話題、旅の話題、つまらないボヤキなどを1年無休で綴っているブログです。

Top Page › その他諸々の話題 › 自宅裏の土手の草刈り
2022-05-22 (Sun)  15:06

自宅裏の土手の草刈り

や雑草伸びて気になっていた自宅の裏の土手(法面)。

この法面は延岡市の所有地なので1年に一回は市の委託業者が草刈りをしてくれるのですが、1年に一回では間に合いません。

そこで一心発起、7、8年振りでエンジン草刈り機を引っ張り出して刈ってみることにしました。

ところが肩掛けベルトは劣化してボロボロ、 エンジンはウンともスンとも 言いません。

点火プラグを外して付着していたカーボンなどを取り除いて掃除したらスパークの具合を確認し、燃料が回っているかを確認し、エンジン内部をトーチランプで炙って乾燥させてそのまま1時間近く放置させた後にスターターノブを何度も何度も引っ張って何とか始動するようになりました。 

肩掛けベルトはマルキユーさんのベルトを代用、ピッタシでした。 




法面の縁から3m前後までを刈り取り、上部は自宅の目隠し用に残して汗だくになりながらお昼頃には終わってホッとしたのでした。   

今年は甘柿と渋柿の木をオルトランで消毒した甲斐があって、柿の葉に着く イラガ の幼虫は皆無、現在沢山の実を付けています。



最終更新日 : 2022-05-22

Comment







管理者にだけ表示を許可